シミのお悩みにアプローチするには?

年齢を重ねるごとに出てきて悩みの種になるのがシミです。気を付けていてもでてしまうシミはどうしてでてきてしまうのかを知って予防、そしてそのシミが出来た場合の対処法はについてご紹介いたします。

さまざまな要因があって出来てしまうシミ

シミ 化粧水,シミ 美容液,シミ クリーム

シミの要因は主にメラニン色素で、これは光線防御の役割をもつ人間の大事な機能となっています。
太陽光線などから身体を守るためにも大事なものなのでなくてはならないものではありますが、美容の面で考えると本当に厄介なものとなっています。
メラニン色素は太陽光線から身体を守るために出ているもの、夏に日焼けするのもこのメラニン色素が原因となっており、そして段々と夏を過ぎると肌サイクルの影響で分解し、もとの白い肌に戻っていきます。

シミの要因は主にメラニン色素で、これは光線防御の役割をもつ人間の大事な機能となっています。
太陽光線などから身体を守るためにも大事なものなのでなくてはならないものではありますが、美容の面で考えると本当に厄介なものとなっています。
メラニン色素は太陽光線から身体を守るために出ているもの、夏に日焼けするのもこのメラニン色素が原因となっており、そして段々と夏を過ぎると肌サイクルの影響で分解し、もとの白い肌に戻っていきます。
ですが、年齢と共にその肌サイクルが低下、これは新陳代謝の影響となっており、段々と日焼けしにくくなっていきます。
日焼けをしにくいのは嬉しいことかもしれませんが、逆に言うとできてしまったメラニンが分解されない、ということでもあります。
新陳代謝、肌サイクルの低下は実に厄介なものです。
そしてそのお肌に出てくるのがシミで、これはメラニン色素の沈着となっています。

シミは、肌サイクルを更に阻害し、新しい肌細胞の生成も抑えてしまう、そんなお肌に優しくないものといわれています。
そしてこれは見た目も目立ち、すっぴん肌を出せない人を増やしてしまっている、そんなお肌の大敵です。

シミへの対策で一番いいのが予防すること、紫外線を受けて生成されるメラニンを抑えるために一番おすすめなのが日焼け止めです。
日焼け止めはバリアのような役割、メラニン生成される前に膜でしっかりカットしてくれるので日差しが強い中では欠かさず塗っている、そんな人が多いものです。
夏だけではなく、全部の季節しっかり日焼け止め対策をしている人もいます。
ですが、いつの間にか出来ているのがシミの恐ろしいところ、ずっと紫外線カットをするのは案外難しく、特に外出する予定がない時はこの日焼け止めを塗っていない場合もあります。

紫外線は実は家の中でも照射されており、窓から、また床を反射して人体に届いてしまいます。
それを知らないでおくと、家でいる間に紫外線をあびてしまい、それがシミの原因になってしまうのです。
とはいえ、日焼け止めが苦手な人も多く、家にいる間はできるだけ塗りたくない、そんな人も多いもの、そんなときは紫外線カットのカーテンなどを使用して家の中に入る紫外線を防ぐのがおすすめです。
また車の運転中なども意識はしていなくても紫外線が当たっていたりと、本当に日常生活を送っているだけで、知らず知らずの内にシミの原因である紫外線を浴びてしまっています。

また、このメラニン色素は摩擦でもできてしまうもの、いかに日焼け止めでしっかりと紫外線をカットしていても、その日焼け止めを落とすためにクレンジングでしっかりと摩擦して洗ってしまうとそれがメラニン生成、そしてシミになってしまいます。

メラニンは防衛機能なので悪いものではなく、なくては困るものです。
それが正常に機能しているのは勿論いいことなのですが、沈着を防ぐためにも普段からお肌を守っていきたいところです。
何気ない日常生活、やってしまっていることも多いもの、シミを作りたくない!そんなときは、徹底した紫外線カットとクレンジングで肌を摩擦しないなどの方法で気を付ける必要があります。

敏感肌の人はとくに要注意!

シミ 化粧水,シミ 美容液,シミ クリーム

敏感肌の人は、シミができやすい肌環境となっています。
敏感肌は、あらゆる外部内部刺激を肌が敏感に感じ取ってしまい、そしてメラニンを慢性的に生成してしまう状態にあるのです。

紫外線をしっかりカットしていても、敏感肌である、というだけでもメラニンが過剰生成されてしまうので、もし化粧水等をつけたときに刺激を感じる場合は、きちんとそのための対処をする必要があります。
シミを予防するために大事な敏感肌対策、敏感肌は肌バリア機能が低下している状態で、その状態である限り刺激を受け続けてしまいます。
原因はさまざまで睡眠不足、ストレス、食生活の乱れも原因なので、忙しくてそのあたりを蔑ろにしてしまっている場合は生活改善をまずおすすめいたします。

肌バリアは角層を10~20層、そして細胞間脂質というセラミドを主成分としたもので構成されています。
これらで通常安定していますが、この構造のバランスが乱れた状態が敏感肌です。
シミ予防には敏感肌対策がとても有効、お肌の状態を健康的に整えておくというのはシミを作らない肌作りをするために大事なこととなっています。

いま現時点、肌がひりついたり乾燥しているような感じがある場合はセラミド配合した敏感肌用のスキンケア用品の利用をおすすめいたします。
お肌に優しく、保湿成分が十分に含まれている敏感肌用スキンケアは、お肌に嬉しい成分がしっかり含まれています。
シミ予防にあたり敏感肌用スキンケア用品の利用はとてもおすすめ、また同時に他のお悩みにもアプローチできる成分が含まれている製品もあるので、美肌作り、ニキビ対策など他の目的も視野にいれてスキンケア用品を選ぶと、より肌を美しく保つことが期待できます。

シミは一度できてしまうとなかなか消せない、そんな厄介なトラブルです。
普段からの日焼け止めや摩擦を避けた洗顔は勿論、敏感肌を治すのもとても大事です。
あとで後悔しないように、普段のスキンケアからしっかり行っていきたいものとなっています。

実際シミができてしまったらどうする?

シミ 化粧水,シミ 美容液,シミ クリーム

シミが出来てしまった場合、残念ながらそのシミはなかなか消せないです。
美容クリニックでのレーザー治療などもありますが、費用はもちろんのこと、レーザーの痛みに耐えられない場合もあり勇気のいる手段です。
では、一度出来てしまったシミはもう諦めるしかないのか?そんなことはなく、時間はかかってもシミを段々薄くする方法があります。

美白スキンケアの製品が、こうしたシミを段々薄くする効果があります。
改善までに時間がかかり、数か月は継続しなくてはならない、というのがデメリットですが、毎日行っているスキンケアに取り入れることで、シミが濃くなってしまうのを防ぎつつ、段々改善できる効果が期待されています。
値段もピンキリなので予算に合わせて購入可能、デパコスでもドラコスでも商品が展開されているので、どこでも購入可能です。

普段はメイクをしていることが多いのが女性、シミができてもそれをカバーするためのコスメはたくさん販売されています。
それを普段の生活では使用しつつ、しっかりスキンケアで美白をしていくと、ノーファンデ肌を目指すことも可能です。
継続して長い期間のスキンケアは必要なものの、美白というくくりでなければスキンケアは多くの方が毎日なにかしらの形で行っているもの、普段のスキンケアに取り入れるだけで大丈夫です。

シミを目立たなくする、紫外線によるシミを予防するなどの効果がある成分が含まれているのが美白化粧品、たくさんの種類があるので、まずはテスターなどから自分のお肌にあったものを購入するのがおすすめです。
また、販売員がいる専門のショップの場合は、プロによるカウンセリングも受けられますので、どうしても選べる気がしない……そんなときは足を運んでみると案内してくれます。